書き込みパスワードについて('06/10/06)

・ 書き込みパスワードとは?

「書き込みパスワード」を設定すると、パスワードを知っている人だけが掲示板に書き込みできるようになります。利用方法を応用する事で、スパム書き込み(迷惑書き込み)対策としてご利用頂けます。

・ 書き込みパスワードの設定方法

管理画面に入り「機能の設定>セキュリティの設定」を選ぶと、下の方に書き込みパスワードの設定欄があります。ここに指定したいパスワードを入力し「設定を変更する」をクリックして下さい。
さらに「デザインの設定>HTML設定>共通設定>入力フォームの設定」で{wpass}という特殊タグを指定する必要があります。{wpass}と記述された部分が、書き込みパスワードの入力欄になります。以下に設定例を示します。
<table width='100%' SUMMARY='入力フォーム'>
<tr>
 <td align='right' class='formleft' width='50%'>題名:</td>
 <td class='formright' width='50%'>{title:32}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>お名前:</td>
 <td class='formright'>{name:32}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>メールアドレス:</td>
 <td class='formright'>{email:32}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>ホームページ:</td>
 <td class='formright'>{hname:48}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>ホームページURL:</td>
 <td class='formright'>{hurl:48}</td>
</tr>
<tr>
 <td class='formleft'> </td>
 <td class='formright'>
  {editmode}
  {cookie}<small>ブラウザに情報を記録する</small> </td>
</tr>
<tr>
 <td colspan = '2' align='center' class='noborder'>
 {body:60:6:80%:200px}{grpup:40:     画像:}
<br>{wpass:書き込みパスワード}{submit}
</td></tr></table>
この設定の場合、送信ボタンの左に書き込みパスワードの入力欄が以下のように表示されます。

・ スパム対策に応用してみる

書き込みパスワードはスパム対策としても利用できます。スパムの一部は、専用の掲示板書き込みツールで機械的に書き込みされる事があります。このようなソフトウェアは、HTMLに記述された文章までは理解できない場合がほとんどです。よって書き込みパスワードが堂々と書いてあっても、認識できない事が多いのが現状です。そこで入力フォーム内にパスワードを記述してしまい、不特定多数に書き込みを許可しつつ、機械的なスパムだけ書き込みできないようにする事が可能です。以下に設定例を示します。
<table width='100%' SUMMARY='入力フォーム'>
<tr>
 <td align='right' class='formleft' width='50%'>題名:</td>
 <td class='formright' width='50%'>{title:32}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>お名前:</td>
 <td class='formright'>{name:32}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>メールアドレス:</td>
 <td class='formright'>{email:32}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>ホームページ:</td>
 <td class='formright'>{hname:48}</td>
</tr>
<tr>
 <td align='right' class='formleft'>ホームページURL:</td>
 <td class='formright'>{hurl:48}</td>
</tr>
<tr>
 <td class='formleft'> </td>
 <td class='formright'>
  {editmode}
  {cookie}<small>ブラウザに情報を記録する</small> </td>
</tr>
<tr>
 <td colspan = '2' align='center' class='noborder'>
 {body:60:6:80%:200px}{grpup:40:     画像:}
<br>{wpass:1234と入力して下さい→}{submit}
</td></tr></table>
この設定の表示例を以下に示します。

・ 手動のスパムにも対応させる

機械的なスパムは上記の方法で対応できますが、人間が直接書き込むスパムには対応できません。そこで掲示板では無く、あなたのWEBサイト(ホームページ)の掲示板の入口付近に書き込みパスワードを書いておく方法があります。スパム送信者はあなたのWEBサイトは見ないで、直接掲示板に来る事が多いため、たったこれだけの事で書き込みパスワードをスパム送信者から隠す事ができます。
スパム送信者がどのように書き込みするかについては、URLパスワードについての中の「スパム書き込みはどこから来るの?」をご覧下さい。